ブルーベリーの花言葉・誕生花|ブルーベリーとは

コロコロとした小さな果実がとっても可愛らしい北米原産のブルーベリーは、6月から9月の初夏から夏にかけて旬を迎える果物であり、高い抗酸化活性や視機能改善効果などが期待されるアントシアニンなどのポリフェノール類をはじめ、ビタミンやミネラル、食物繊維といったからだに嬉しい栄養成分がたっぷり含まれています

そのため、「ブルーベリー=健康や美容維持に欠かせない果物」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ブルーベリーは食べるだけではなく、紅葉や銀杏などと同じく季節に合わせてその姿を変化させる落葉樹であるため、温かな春を迎えるとスズランのような可憐な白い花を咲かせ、夏にはコロンとした青紫色の果実を実らせ、秋には葉を赤く色付かせます。

ブルーベリー,花言葉,誕生花,由来

そんな、味覚と視覚の両方を楽しませてくれるブルーベリーですが、ふと「なぜ “ブルーベリー”と呼ばれるようになったのか」と疑問に思ったことはありませんか。

そこで、今回はブルーベリーと呼ばれるようになった由来と共にブルーベリーの花言葉や誕生花としての意味をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブルーベリーの名前の由来

日本では6月から9月に旬を迎えるコロンとした可愛らしい小さな青紫色の果物「ブルーベリー」は、英語で青色を意味する「Blue」と核の無い果肉の柔らかな食用小果実という意味を表す「Berry」を組み合わせて誕生した言葉であり、花が枯れた後に青色の食用小果実が実ることからこの名が付いたとされています。

ちなみにドイツでは「Blaubeere (ブラオベーレ)・Heidebeere (ハイデルベーレ)」、イタリアでは「Myrtille (ミルティユ)」、フランスでは「Mirtillo (ミルティッロ)」と、それぞれ国によってブルーベリーの呼び方が全く異なります。 

ブルーベリーは世界におよそ150種類以上の品種が存在しており、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される品種を「ブルーベリー」と呼んでいます。

ブルーベリーを含むシアノコカス節に分類される植物は、中南米を起源としており、カリブ海諸島を経由して北アメリカへと渡り、ゆっくりと進化を進めながら大陸東部の沿岸地帯に沿って北方へと広まっていったとされています。

よくブルーベリーの1種として北欧を中心に自生している「ビルベリー」が紹介されることがありますが、ビルベリーはツツジ科スノキ属ミルティルス節に分類される植物のため、正確に言うとブルーベリーとは異なる植物となります。

ブルーベリーの花言葉

春になるとスズランのような愛らしい白やピンク色の花を咲かせるブルーベリーには、その花が持つ特徴や香りなどから象徴的な意味を表す花言葉が付けられています。

ブルーベリーの花言葉は、『知性』『知恵』『信頼』『実りある人生』『親切』『思いやり』『有意義な人生』『好意』『幼い恋』となっているのですが、なぜこのような花言葉が付けられたのでしょうか。

『実りある人生』『有意義な人生』『好意』

ブルーベリーは、春は愛らしい白やピンク色の花を咲かせて人々を楽しませ、夏はからだに嬉しい栄養素がギュッと詰まったジューシーな果実を実らせることから“人生を2度楽しめる”という意味を込めて『実りある人生』『有意義な人生』『好み』という花言葉が付けられました。

『知性』『知恵』

ブルーベリーの果実は青紫色の美しい色彩の果皮のなかにたっぷり果肉が詰まっていることから『知性』『知恵』が詰まっているという意味を込めてこの花言葉が付けられました。

『信頼』『親切』『思いやり』『幼い恋』

この花言葉の由来ははっきりとされていませんが、白く可憐な花を咲かせることから付けられたのではないかとされています。

ちなみにブルーベリーは8月5日と8月21日の誕生花とされておりますが、ブルーベリーの誕生果は8月31日となっていますので、ブルーベリーの苗木やブルーベリーがデザインされた品物を誕生日プレゼントとして用意される際は、花と果実を混同しないように気を付けましょう。 

まとめ

果実を収穫する楽しみはもちろんのこと、四季を通して私たちを楽しまれてくれる魅惑的なブルーベリーは、とても素敵な花言葉を持つ果樹となっています。

あなたの周辺で8月に誕生日を迎える方がいるのであれば、この機会に花言葉を書いたバースデーカードを添えてブルーベリーの花や果実がデザインされた誕生日プレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする