葉牡丹の育て方|日々のお手入れや害虫対策

葉ボタンは、園芸初心者にも育てやすい植物です。水やりや肥料の与え方などのお手入れ方法もあまり細かい気遣いは必要ありません

葉牡丹,お手入れ,害虫,青虫,虫食い

スポンサーリンク

葉ボタンの水やりについて

葉ボタンの種まきから2週間ぐらいは、芽が出やすいように土が乾かないために十分水やりをします。そのことで株の生長が促されます。

しっかり芽が出て根がついたら、土の表面が乾いたら、水をたっぷり与える程度で大丈夫です。すなわち、乾燥気味で十分です。

水をあげる時は株元にあげます。葉水も必要なので、暖かい日には、葉牡丹全体に水をかけます。

冬の間は株も成長しないので、水は余り必要ではありません。反対に過湿にならないように気をつけます。

葉牡丹の苗を地植えにした場合も2週間程度は、水をたっぷりあげます。

根がしっかり付いたら、水やりの必要はありません。しかし、晴れの日が続いて地面が乾き切ってしまったら水を補給してあげるといいでしょう。雨降りがあるようならば水やりしなくても問題ありません。

水を与えすぎることが、ひょろひょろ伸びる徒長の原因になることもあります。

葉牡丹は、寒さに強いお手入れしやすい植物ではありますが、水やりは午前中の暖かいうちに行いましょう。万が一、葉っぱが夜凍ってしまうとかわいそうです。

葉牡丹の肥料について

鉢植えの葉牡丹については、5月から9月まで、緩効性肥料を与え、10月に入ったら液体肥料をあげます。

葉牡丹,お手入れ,害虫,青虫,虫食い

地植えの場合は、5月から8月に緩効性肥料を施します。

秋も深まって葉牡丹の色づく頃に入ったら、肥料をあげすぎると、緑色が濃くなってきれいに色づかないことがあります

特に窒素分の多い肥料は色づきを悪くします。9月以降は肥料をあげすぎないようにします。そのためには、効き目が流れ出ることによって消滅しやすい液体肥料を使用するといいでしょう。

反対に肥料が不足すると、葉の色づきがきれいにできません。生育が悪い場合や発色がうまくいかない場合は、薄い液体肥料を施しましょう。

葉牡丹の植えつけの際は、窒素、リン酸、カリウムが同じ割合で合わせた緩効性の化学肥料を土に混ぜて使います。

また、ミニ葉牡丹に肥料を与える時は、液体肥料をさらに薄めて使用して、あげすぎにならないようにします。

葉牡丹につきやすい害虫や病気とその対策

葉牡丹はキャベツの仲間で、害虫のつきやすい植物なので、お手入れに害虫対策はポイントです。

葉牡丹,お手入れ,害虫,青虫,虫食い

アブラナ科の植物は、駆除が難しい害虫がつくといわれています。

また薬害抵抗性ができるので、同じ薬剤を使い続けていると効きが悪くなります。複数の薬剤をローテーションで使うようにしましよう。

アブラムシは3ミリほどの小さな害虫で、茎や新芽にびっしりついて汁を吸います。、放っておくと繁殖力が強いので葉牡丹の株全体を覆うほどたくさん増えて、株が弱ってしまいます。

アブラムシの虫食い被害を防ぐために、大繁殖する前に、駆除する必要があります。アブラナ科の植物につくモモアカアブラムシは最近、薬害抵抗性がついて駆除が難しくなっています。

アブラムシがついたのは肉眼でもわかりますが、葉が黒く汚れて、すす病になっています。

数が少ないうちは粘着テープにくっつけて取り除くだけで済む場合もあります。しかしたくさん増えてしまったら、残効性、浸透性がある粒剤の殺虫剤が必要です(オルトラン粒剤、アドマイヤー粒剤など)。

モンシロチョウ等の幼虫である青虫は、葉を食害する害虫です。葉っぱだけではなくどこでも孵化して増えていきます。モンシロチョウの幼虫は薄緑色で、細かい毛が生えています。青虫は驚くほど多量に葉っぱを食べるので、わずか間に葉っぱに孔をあけ、株を食べつくしてしまうことがある手ごわい害虫です。

青虫から守るために、防虫ネットをかけて防ぎます。数が多く太刀打ちできない場合は、殺虫剤を使用します。(オルトラン粒剤、モスビラン粒剤、アファーム乳剤など)

ヨトウムシも葉を食べる害虫で、幼虫は緑色、その後だんだんと茶色に変色します。青虫は昼間、葉の裏や、株の根元に潜んでいますが、夜、動き出して、葉を食い散ら悪さをするのが特徴的です。

ヨトウムシの虫食い被害から守るために、一匹ずつ捕って殺すことが肝心ですが、数が多くなっている場合は殺虫剤を使用します(オルトラン粒剤、オルトラン水和剤など)。防虫ネットも効果があります。

コナガは幼虫が、葉の裏について葉を食べ、葉の表面が透けたように虫食いになります。こまめに箸などでつまんで駆除するか、大量の場合は殺虫剤を散布します。(バイベニカなど)

葉牡丹栽培のネックは虫食いになりやすいことです。

キャベツと違って食用ではないので、薬剤を使って駆除し、美しい葉牡丹の姿を楽しみたいものです。

葉牡丹がかかる病気として、湿度が高く、高温、肥料過多の場合に発生する黒腐病があります。風通しの良い環境で肥料を与えすぎないことで防ぐことができます。

立ち枯れ病は、葉に円形や楕円の赤い粒々ができる、カビ(糸状菌)によっておこる病気です。連作を避け、水はけの良い状態で栽培することによって予防できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする