葉牡丹の育て方|植え替えと寄せ植えのコツ

踊り葉牡丹というのを最近よく目にします。昔は、葉牡丹というと、キャベツよりはるかに大きい株で、花壇にドーンと地植えされたものでした。

しかし、最近では、くねくねと伸びて見た目にも楽しい踊り葉牡丹もよく見かけるようになりました。

おそらく、最近のガーデニングブームで、葉牡丹を買い求めて、お正月前後に観賞した後、廃棄せずに花を咲かせた後も育ててみようと考える人が多くなったせいでしょう。よく手入れすると次の年もその次の年も元気に生長している場合もあります。昔、葉牡丹は一年草の扱いでした。

葉牡丹,育て方,植え替え,寄せ植え

しかし、本当は葉牡丹は多年草で、上手な育て方をすると、夏を越して何年か楽しめる植物だったのです。でも、夏の暑さには強くないので注意して栽培しないと、枯れてしまいます。

スポンサーリンク

踊り葉牡丹について

踊り葉牡丹という言葉をよく聞くようになったのもついこの頃のことです。

暖かくなる4月頃、葉牡丹と中心がどんどん盛り上がって、トウが立ち、花が咲きます。花が咲いたら、切り戻すことによって新芽が出て、枝数も増えます。その枝ひとつひとつに新しい葉牡丹ができて、ニョキニョキとのびて、踊り葉牡丹になっていくのです。

踊り葉牡丹は見ためもユニークで楽しいですし、切って切り花として使用すれば、新しい感覚のアレンジにもなります。

こんな育て方でできる踊り葉牡丹は、葉牡丹の種類や品種ではなく、どんな葉牡丹でも踊り葉牡丹に仕立てることができるのです。

踊り葉牡丹にするための植え替え

踊り葉牡丹にするため、春に植え替えをします。

葉牡丹,育て方,植え替え,寄せ植え

花をひとつ切り落としたら、鉢をひとまわり大きなものにして、水はけよくするために鉢底石も入れて、土は新しい清潔な培養土を入れて、作り直します。

植え替えの時には、根鉢を崩して楽にしてあげます。

植え替えた後は、たっぷり水やりをします。

地植えの葉牡丹は植え替えしなくても差し支えありません。夏の暑さを避けるように、半日陰の涼しい所で栽培します。暑すぎるところに植えられている場合は、枯れてしまうこともあるので、涼しい所に植え替えます。

また秋口になったら、葉の色づきをするために日当たりのよい所で育てます。

気温によって栽培条件が変わるので、それに合わせて鉢植えの方が持ち運びできて育てやすいとも考えられます。地植えにすると植え替えの作業が増えて、どうしても手がかかります。しかし、地植えにすると基本的に丈夫に育つので、あまり拘らなくてもいいのかもしれません。

葉牡丹の寄せ植え

葉牡丹は花ではなく、葉っぱを観賞する植物です。枯れた葉を取り除いたり、簡単な育て方の注意だけで長い期間楽しむことができます。

葉牡丹,育て方,植え替え,寄せ植え

少し前までは、葉牡丹というと大きい株をひとつ、鉢植えや花壇に植えている場合が多かったのですが、最近では葉牡丹の葉っぱの形、色、草丈など種類も豊富で、葉牡丹のみの寄せ植え、他の花との寄せ植えなど、いろいろユニークなアレンジを考えることが流行しています。

その面白さから、葉牡丹ブームが起きているともいえます。特に葉牡丹の見ごろは、庭に花の少ない冬なので、ますますその需要が増えているようです。

具体的な方法としては、根がぐらぐらしないようしっかり植えつけます。水やりした時、葉っぱに水が溜まったままにならないように注意します。枯れた葉っぱや色の悪い葉っぱは取り除きます。気温が下がってくると株は大きくならないので詰めて植えるとでき上がりがきれいです。

葉牡丹はお正月のお飾りや生け花のような和風にも、クリスマスやバラの花に見立ててブーケのようなアレンジで洋風にも寄せ植えできます。

葉牡丹は色のバラエティーが驚くほどあり、例えば紫系でも薄紫から、黒に近い紫まであります。同じ系統の色の濃淡で寄せ植えしても、無難に失敗なくアレンジできます。

また華やかな葉牡丹を寄せ植えの主役として使うことも、グリーンを活かして添えものとして使うことも可能です。

葉牡丹と寄せ植えする他の花として、同じ時期に植えるビオラパンジーを入れるとよくまとまります。バイオレットのパンジーなどを組ませるとシックリまとまります

寄せ植えの基本として、上方向、横方向、下方向に伸びる植物で変化をつけていきます。鉢やプランターの中心、後ろに草丈の高い物を植え、手前には背丈の低い植物や下方向に垂れて伸びる植物を植えます。葉牡丹とアイビーなどツル植物を植えても変化がつきます

寄せ植えを自分自身で作ってみると、葉牡丹の色や表情が複雑に違い、奥の深さに感心させられます。葉牡丹は葉っぱといっても、お花の美しさに負けないものがあります。ツル、枝、小花などと上手に組ませて冬の間の寂しい色彩を補ってあげましょう。

寒さにも強く、上手に育てれば、比較的安価で購入でき、次の年も見られるお得な植物です。

地植えや鉢植えやプランタに植えるだけではなく、リースやハンギングバスケットに寄せ植えしても、今風にオシャレに仕上がるので是非挑戦してみましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする