アジサイの色は土壌の酸度で変る?|アジサイの色を変えるにはミョウバンがいい?

アジサイの花色は梅雨の雨とマッチする美しい色です。白から始まり、淡い水色、ピンク色、青や紫、赤の濃淡など、まるで水彩絵の具で混ぜ合わせたように微妙に違う色合いがあります。

その上、栽培しているうちに少しずつ色の変化も起きて、次の年は前年とは全く違った色合いの花が咲くこともあります。その意外性を楽しむこともできます。

しかし、せっかく好きな花色のアジサイを手に入れたと思っても、次の年にすっかり変わった色の花が咲いて、少しがっかりすることもあるかもしれません。

アジサイ,酸性,アルカリ性,ミョウバン

それはどんな理由によるものでしょうか。

スポンサーリンク

アジサイの色を決める要因

 

アジサイのもともとの色は赤系統です。そして、その色素は「アントシアニン」です。

しかし、白いアジサイにはアントシアニンが含まれていません。

 

アジサイの花色を変化させる条件は花の色素である「アントシアニン」と土壌の成分にある金属イオンの「アルミニウム」が反応することにより花色は青く変化します。

アルミニウムをたくさん吸い上げることのできる土壌は酸性です。反対に土がアルカリ性であると、根からアルミニウムをわずかしか吸収することができず、花は赤いままであまり変化しません。

そんな理由から、土壌の性質により、買い求めた際の花色とどんどん変化していくこともあるのです。

 

好きなアジサイの色を求めて~

 

アジサイの花色は土壌の酸性度や成分によって左右されることがわかりました。アジサイの元来の色は赤系となっていますが、日本の雨は酸性といわれています。特にアジサイの花が咲く季節は雨の多い時期です。さらに火山が多い日本は酸性の土壌となりやすい素質があります。そこで日本の自然界で咲くアジサイの色は、基本的に青色です。

そのため、赤系のアジサイを咲かせるためには人工的な作業をしてみる必要がありそうです。例えば、石灰を土壌に蒔くとアルカリ性に変化して、赤いアジサイを咲かせることができます。

ホームセンターや花屋さんでこの理論を使って、赤いアジサイ専用の土が売っています。反対に青いアジサイの土も購入することができるので便利です。

土壌以外に肥料も酸性度に影響を与えます。例えば骨粉や魚粉が混合されていない発酵油かすを与えると青系のアジサイが咲きやすくなります。

土壌を酸性にするためにミョウバンを土に混ぜてあげることも効果があります。

ミョウバンとは、ナスの漬物の色をよくする場合に使われます。これもアジサイの色と同じ原理で、ナスに含まれるアントシアニンがミョウバンの硫酸アルミニウムと水の働きで酸性になるからなのです。

ミョウバンを500~100倍に溶かしたミョウバン水を4月から5月にかけて3週間おきに3回ほどあげます。この方法でも土壌を酸性に保つことができます。

土壌からアルミニウムをたくさん吸収させるためには水分も必要とされます。酸性の土壌で青いきれいなアジサイを咲かせたいという場合、水切れしないよう水を十分与えましょう。

しかし、この方法ですべてのアジサイが青くなるわけではありません。ミョウバンを与える時期がぶれていたり、品種によっては青くならないものもあります

反対に骨粉や魚粉が含まれた発酵油かすを与えると赤いアジサイが咲きます。土壌を酸性にする硫酸カリウムを多く含んだ肥料は避けます。しかし、アルカリ性が強すぎると根を傷めることにもなるので注意します。

では、紫色のアジサイはどうでしょう。

アジサイ,酸性,アルカリ性,ミョウバン

水彩絵の具などでは、赤色と青色を混ぜると紫色ができます。

アジサイの場合は、赤系のアジサイを酸性の土壌に植えれば、青が強い紫になり、青系のアジサイをアルカリ性の場所に植えれば赤の強い紫のアジサイが咲くと言われています。

しかし、アジサイの個体差によってアントシアニンの量や、アルミニウムの吸収量も違うので思ったような色を出すことはなかなか難しいです。同じ土壌に同じ品種のアジサイを植えても、違う色のアジサイが咲くこともしばしばです。

もともときれいな青系の品種をアルカリ性の土地に植えた場合、または赤色のアジサイを酸性の土壌に植えた場合、なんとなくいろ色がきれいに出ない場合もあります。

また、アジサイの中には土壌の酸性度や肥料に関係なく赤、青など色が固定されている種類もあります。また白色のアジサイはアントシアニンを含んでいないので色の変化はありません

アジサイ花色の時の経過による変化

 

アジサイの咲き始めは花の咲き始めも緑がかった色をしています。その後、アジサイの中で作られる有機酸の一種の補助色素とアントシアニンと吸収されたアルミニウムの働きで青やピンク色など美しい花色に変化していきます。

アジサイ,酸性,アルカリ性,ミョウバン

花びらが裏返る咲き終わりの頃には、花の色がどうしてもくすんできます。人間の肌にも見られる老化現象?です。

青いアジサイは日が経つにつれて、色あせた紫色に変化していきます。これはアジサイに酸が貯まり続けて花の色が変化してしまうのです。土壌とは関係なく、いわゆる花が終わりになる現象です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする