本土寺|あじさい寺観光

あじさい寺として有名な長谷山本土寺は千葉県松戸市にある日蓮宗の本山です。

あじさい寺,本土寺,見頃

境内にはアジサイの他、花菖蒲、カエデなどもたくさん植えられていて、一年中、四季折々に楽しめるお寺です。

スポンサーリンク

本土寺へのアクセスなど

本土寺は千葉県松戸市平賀63にあります。

電話は047-341-0405で自動音声の開花情報が聞けます。

参拝時間は8時から17時です。

最寄駅はJR常磐線北小金駅で駅北口より徒歩約10分、または流鉄流山仙小金城址駅1番出口から徒歩約19分程です。

車では、常磐自動車道流山インターチェンジから流山街道、国道6号経由で約30分ですが、本土寺の無料駐車状は台数が少ない(20台ほど)ので、アジサイの季節、花菖蒲、紅葉狩りの季節は車で行くのはオススメできません。周辺の有料駐車場もあまり多くありません。

電車等の公共機関またはタクシーが一番安全です。

拝観料は中学生以上大人500円、小人無料です。

本土寺の歴史など

 

本土寺源氏の豪族平賀家の屋敷跡といわれています。

1277年に領主の曽谷教信の協力で領内の地蔵堂を移して法華堂として始まりました。その後日蓮上人高弟日朗を導師として長谷山本土寺と寺号をいただきました。

あじさい寺,本土寺,見頃

下総国の日蓮宗の中心寺院で、日朗が改装した鎌倉長興山妙本寺、池上長英山本門寺とともに「朗門三長三本」と称されました。「朗門」とは日蓮の弟子の日蓮六老僧の一人である日朗の門流のことです。「三長三本」は3か所のお寺の山号と寺号に「長」と「本」が含まれていることを表しています。

宗門屈指の大山として末寺百数十を有していましたが、明治維新の廃仏毀釈運動などのために衰退してしまいました。しかし昔から地域に結びついていた本土寺は現在でも人々の信仰を集めています。

また、平賀家兄弟である三聖人(日朗聖人、日像聖人、日輪聖人)のご出生の聖跡として開運、安産、乳出子育などの御利益で有名です。

本土寺には日蓮直筆の書状類や貴重な中世資料が貯蔵されています。

 

代表的なものに、国の重要文化財の宗祖日蓮上人直筆の「諸人御返事」「大学三郎御書」があります。

その他、1278年に造られた同じく重要文化財の梵鐘、千葉指定有形文化財の「本土寺大過去帳」など貴重な資料が宝物殿に収められています。過去帳には歴史を読み解く手がかりが書かれ、本土寺の歴史とともに東国の歴史も詳しく書かれています。

本土寺に残る過去帳は1583年に書かれた「天正本」「明歴本」「天和本」がありますが現在ではそれらをまとめて「千葉県資料」が刊行されています。

本土寺の仁王門、五重塔、像師堂、回廊などの建造物も四季折々の自然の美しさと調和して見応えがあります。

「乳出のご霊水」はここで日像が生まれた時、聖水がわき出て産湯として使いいました。その後、井戸として水を飲むと病気が治ったり、お乳の出がよくなるといわれていました。そして「日像菩薩誕生水」と呼ばれるようになり、祈願する人が多くいたと伝えられています。

また井戸の脇のイチョウの木は、お乳が垂れたような枝が生えていることから「乳出銀杏」と呼ばれています。

また、本土寺の御朱印帳は自然の美しさにちなんででしょうか。あじさい柄と紅葉柄もあり、それに手書きしていただくことができます。

花の寺としての本土寺

本土寺は花の寺としてよく知られています。本土寺の本土とは「我此土」すなわちお釈迦さまが本当の仏、本仏となって住む国土「本土」に由来します。

花は本仏に捧げる花であって、宝樹とされています。

本土寺はあじさい寺といわれ1万株のアジサイが植えられているといわれています。

本土寺のアジサイでよく目に付くのは、外側が鮮やかなブルーで中心は白っぽいガクアジサイや柏のような葉っぱのガクアジサイなどですが、それ以外にも確認できるだけで10種類ほどのアジサイが咲いています。

あじさい寺,本土寺,見頃

アジサイの見頃は6月初旬から6月下旬ですが、花菖蒲の見頃と重なる6月中旬が両方の花を楽しめてオススメです。

アジサイの見頃や開花状況は、シーズン中、本土寺のテレフォンサービス(047-341-0405)や松戸の地域情報サイト「まいぷれ」で発信されていますので参考にしてください。

本土寺には、アジサイの他にも、四季折々の植物、しだれ桜、八重桜、ソメイヨシノなどの桜は100本程度、6月初めには5000本の花菖蒲が咲いて、アジサイの花を待ちます。6月中旬には花菖蒲とアジサイの花の咲く時期が重なり、特に美しい時期を迎えます。

また、11月になると「山もみじ」「大盃」「秋山紅」という3種類のもみじ、約1500本が紅葉して鮮やかな色に染まります。

その他にも梅、モクレン、藤など四季折々、きれいな花樹が見られるのが本土寺の特徴です。

本土寺はあじさい寺としての美しさだけではなく、一年中何かしら見頃となる花があって私たちの目を楽しませてくれます。また紅葉の時期にはライトアップされてますますきれいな風景を楽しむことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする