アジサイの育て方|地植えのアジサイの植え方やお手入れ方法

丈夫なアジサイの育て方は特に地植えの場合、比較的簡単です。そんなアジサイでも植える場所や水やりについては気を遣ってあげましょう。

アジサイ,地植え,育て方,お手入れ,水やり

 

スポンサーリンク

アジサイを地植えする場所

水はけの悪い土地をアジサイも好みませんが、逆に風通しが良すぎても、冬の間葉っぱが落ちて枝だけの丸裸になるため、寒すぎて新芽が出にくくなることがあります。

西日が当たる場所は日光が強すぎて、葉っぱが水不足で干からびたり、枯れてしまう場合があります。

午前中は日が当たり、午後からはある程度日陰になるような、建物の東側に植えるといいでしょう。

また、日当たりが悪すぎると、花芽がつきにくくなります。

土壌はあまり拘りませんが、度を超えた粘土質や砂質は避けます。雨が降ると、地面が湿っている位のところがいいのですが、水が溜まってしまうほど水はけの多いところよりは、水はけのよい場所の方がいいのです

なかなかよい場所が見つからない時の育て方として、根元に枯れ葉や藁などを敷いて水分を加減してあげるといいです。藁は地面の適度の湿気を保ってくれます。

アジサイの地植えの方法

 

アジサイの苗木は、4月から5月頃、お店にたくさん並んだ中から選びます。ガクアジサイや手まりアジサイなど蕾が多く、形が崩れることなく締まっているものを手に入れます。さらに、枝も太く頑丈で、葉も青々萎れていないものがいいです。

アジサイ,地植え,育て方,お手入れ,水やり

 

アジサイの色に合わせて、土を酸性もしくはアルカリ性に作って、1か月ほど寝せておきます。好きなアジサイの色を楽しむためには欠かせない土作りです。

雨の多い季節、日本の雨は酸性です、そのため土は酸性になりやすく、アジサイの色は酸性の土に咲く青系が多くなる傾向にあります。赤やピンクのアジサイを育てたい場合は、苦土石灰を加えてアルカリの土を作っておきます。

土作りを終えたら、アジサイの株よりひと周り大きな穴をスコップで掘り、苗を入れて、周りに土をかけます。そして水をたっぷりあげ、周りの土を固めて、苗をしっかり固定します。もちろん、土は根が伸びやすいようにふあふあによくほぐしたり、腐葉土や堆肥を混ぜて軟らかくします。カチカチな土はかわいそうです。

根がつくまでは毎日水やりをしっかりします。水切れは致命傷になるので忘れずに行います。枝が伸び始めて、葉っぱもピンとしっかりしてきたら、水やりはほとんど必要ありません。この点が鉢植えとは違ってお手入れが楽な地植えのメリットです。

しかし、真夏など非常に暑くて葉っぱが萎れたり、枯れたりするような場合は水やりしましょう。

アジサイは、地植えにすると木が大きくなりたくさん花を咲かせるようになります。

鉢植えのアジサイを庭に地植えしてみませんか。

花が終わった7月末から遅くも10月上旬までに植え替えを終わらせます。花が咲いている間は木が弱るので植え替えをしないでください。花の後の剪定が終わったら、植え替えるようにします。

鉢のアジサイを初めて地植えした次の年は、枝や株の成長に養分を優先的に使われて、花が咲かないこともあります。そんな時は、その次の年の花の開花に期待しましょう。

アジサイの育て方のコツ

 

アジサイが枯れる原因の多くは水が足りないことによるものです。地植えの場合は、水不足の心配はありませんが、強い直射日光を長時間浴びてしまった時や葉っぱがカラカラに焼けてしまうような場合は、水やりしないと水不足になります。そんな場合は遮光ネットやすだれをするなり工夫してあげましょう。

アジサイ,地植え,育て方,お手入れ,水やり

地植えしてしまったアジサイは動かせないので、日光に注意して植える場所を考えましょう。大きな木の下で、影ができるところなどもおススメです。

最近の極端に暑い夏の間の水やりはやはり必要でしょう。

万が一、枯れそうで元気がない株になってしまった場合は、次の年の花を咲かせることをあきらめて、枝を短く切って木が元気を取り戻すのを待ちます。

地植えしたら、アジサイを植え替えることはめったにないと思いますが、何かの都合で、例えば引っ越し、工事、または土壌の性質などの理由でどうしても植え替えしなければならない場合は、アジサイの成長がお休みになる11月から2月末頃の間に行うようにします。

根を傷めないように木から離れたところを大きめに掘り上げて、そっとほぐして移動させます。

花ガラは他の花と同じように、花が咲き終わったら丁寧に取ってあげましょう。株を弱らせないコツです。

また花後の剪定は次の年にきれいな花を咲かせるために重要なお手入れのポイントです。また剪定は、木の大きさをコントロールするためにも、なくてはならないお手入れです。

アジサイの育て方の興味深い点は、花色を調整できることです。土壌の性質によって奇想天外に変わる花色を肥料の配合や花色を保つ培養土を使用する等工夫することで、毎年花色を楽しむ喜びがあります。

赤が強いアジサイを植えても、次の年青く変色したり、ピンクがかったりと思いがけない変化があるとさらにアジサイを楽しめます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする