アジサイとは|アジサイの特徴概要 

桜の季節が終わり、一斉に新芽の伸びる時期を過ぎると、鬱陶しい梅雨の季節が静かにやってきます。アジサイとはそんな季節に美しさを添えてくれる花で、日本の庭に咲く数多くの花の中でも、愛される花のひとつであることは間違いありません

雨の多い季節に一番きれいな時期を迎える花なので、雨降りが大好きなカタツムリも一緒に思い浮かべる人も多いでしょう。とにかく雨が好きな植物で、ザアザア降るごとに色が冴えわたり、鬱陶しい時期を華やかにしてくれる数少ない植物です。また、日当たりの悪い庭でもきれいに咲く貴重な花です。

アジサイとは,特徴

また、最近のフラワーショップには温室栽培が進んだせいか季節に関係なく一年中時期に関係なく出回る草花が多い中で、アジサイが見られるのは、5月から7月位の間です。それは、アジサイの花と言えば、切り花より圧倒的に鉢物として販売されることが多いことに起因しているのかもしれません。

スポンサーリンク

アジサイの概要

 

アジサイとは紫陽花とも書いて、花の色は白、淡空色、青紫色。淡紅色などいろいろあり、時の移り変わりに伴って変化したり、植えられた土の性質によっても変化します。

アジサイとは,特徴

きれいな花色の植物ですが、それは蕚が大きく発達し、雄しべ、雌しべが退化した装飾花のひとつです。

また、アジサイには毒性があるということをご存じでしょうか。

厚生労働省によると毒性成分は明らかになってはいないということですが、古くからアジサイには青酸配糖体が含まれているといわれ、誤って食べると嘔吐やめまい、顔面紅潮の症状が出るといわれています。事実、アジサイの葉を食べた際の食中毒も報告されているので、食用には利用しないようにしましょう。

梅雨の鬱陶しい時期に、涼しげな夏菓子をアジサイの葉っぱに載せておもてなしなんていうのはNGです。

アジサイの分類、原産地など

 

アジサイとはアジサイ科アジサイ属(ハイランジア属)の耐寒性落葉低木です。また、ユキノシタ科に分類される場合もあります。

 アジサイとは,特徴

アジサイ属の中でも、椀状や円錐状の花房をつける植物の総称とされています。

狭義にはガクアジサイが変化した手まり咲きのアジサイを指します。

ガクアジサイは椀状の花房の周辺のみが装飾花であたかも額縁のように見えます。手まり咲きは花房全体が装飾花に変化しています。

原産地は日本で、欧米に輸出されて改良されて逆輸入されたのが華やかなハイドランジア(セイヨウアジサイ)といわれて、現在もたくさん流通しています。

その他小型種のヤマアジサイなども日本の各地でよく見られます。

また日本と気候の類似した中国、台湾、北アメリカも原産地とされています。

多種多様のアジサイが見られるのは、雨が多く湿度の高い日本の風土とアジサイの相性がいいからでしょう。

万葉集の中でアジサイを詠んだ句があり、日本で古くから親しまれている花です。花色が時の経過につれて変わることがいい印象を持たない人も多く、昔は人気がありませんでした。

アジサイは日本原産の花ですが、中国からシルクロードを使って欧米に輸出されてました。そこで改良も進み、日本に逆輸入された頃から徐々に人気が出てきました。

現在日本に14種、外国に10種類ほど自生しているそうです。

アジサイの特徴

アジサイの花は、装飾花(中性花)で花と言われている部分は本当は蕚で、雄しべ、雌しべが退化しているので、実ができることはありません。

本来の花、両性花は目立ちませんが、この花には生殖能力があります。すなわちアジサイの花には装飾花と両性花の2種類があるのです。

ほとんどの品種のアジサイの特徴としては、花が枝先に密集して咲くという共通点があります。

アジサイは花の咲き方によって分けることができます。

ガク咲きは日本古来のタイプで、美しい装飾花が縁取りの様に咲きます。

手まり咲きは手まりのように装飾花が密集して丸く咲く種類で、その多くは日本のガクアジサイがヨーロッパで改良されたものです。

円錐形はカシワバアジサイが代表的で、花が円錐形につくアジサイです。

アジサイの最大の特徴は葉っぱに気孔が多く雨や湿気を好むことです。元来、丈夫な植物ですが。乾燥には弱い植物です。

アジサイの葉は卵型で向かい合って出ます。葉の色は冴えた緑色で、葉脈もはっきり見えます。葉っぱの縁がギザギザになっているのが特徴です。

しかしアジサイの葉っぱには青梅に含まれる青酸配糖体という有毒成分が含まれているといわれています。特に若い葉には多く含まれているそうです。柏餅の柏の葉っぱの様にお餅を包むようなことはできません

また、栽培する土壌の性質で花色が変わる特徴があります。同じ株を植えても庭のph値や水分、窒素、リン酸、カリウム値等で全く違った花色のアジサイが育つことも興味深い特徴です。

またアジサイは、花が咲き終わると、すべての花が反転し裏返ります。そして花のガク片はきれいな青や紫から、くすんだ緑色に変わっていきます。そして冬が来ても葉が落ちても花ガラが残り、そのままにしておくと、次の年にもずっと落ちません。それは枯れかかったような寂しいイメージなので、花が咲き終わったら、早めに花を切り落としてあげるといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする