マリーゴールドの虫除け効果

コンパニオンプランツとは、他の植物と一緒に植えるとよい効果を与える植物のことをいいます。日本語でいうと「共栄植物」または「共存植物」とも言われています。

コンパニオンプランツを、相性の良い草花や野菜と一緒に植えると病気にかかりにくくなったり、虫除け効果がある場合があります。そのことで生長が促進されたり、野菜の場合は味や香りがよくなることさえあります。また、コンパニオンプランツの効果としては、雑草を生えにくくするというメリットもあります。

特に野菜の場合は、コンパニオンプランツを上手に利用することで農薬や化学肥料を減らすことができることもできます。

マリーゴールド,虫除け,効果,ネコブセンチュウ,コンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとして、マリーゴールドのセンチュウ対策は有名です。

 

スポンサーリンク

コンパニオンプランツの植え方

 

コンパニオンプランツを植える場合は、畑の一列植えたら、次の列にコンパニオンプラントして違う種類の植物を植える「間作」、ひとつの畝で、メインの植物とそのコンパニオンプランツを交互に植える「混植」、メインの植物の生育期間が終了したらその畑にコンパニオンプラントして選ばれた植物を植える「輪作」の3つの方法があります

マリーゴールドに含まれるセンチュウを阻害する物質

 

マリーゴールドにはアルファ・テルチエニルというセンチュウを阻害する物質が含まれています。この物質は日が当たると作用が強くなることがわかっていて、微生物や植物への阻害作用も強いので、マリーゴールドを栽培すると雑草抑制効果も期待できるのです。

マリーゴールド,虫除け,効果,ネコブセンチュウ,コンパニオンプランツ

マリーゴールドにはアブラムシ、オンシツコナジラミ、ヤガ、ミナミキイロアザミウマなどの虫除け能力もあります。

しかし、マリーゴールドの花はオオタバコガの幼虫のえさになることもあります。その解決策として花が咲かないマリーゴールドの品種「エバーグリーン」が開発され、これによって、ネコブセンチュウ防止対策がさらに進むと期待されています。

 

コンパニオンプランツとしてのマリーゴールド

 

ナス科の植物、例えばトマトやナスに対してマリーゴールドのコンパニオンプランツとしての効果がよく知られています。

マリーゴールド,虫除け,効果,ネコブセンチュウ,コンパニオンプランツ

マリーゴールドの花から出る独特の臭いは、土の中のセンチュウを減らして、連鎖障害を軽減します。

このようなマリーゴールドのコンパニオンプランツとしての役割は、すべてのマリーゴールドの花に同じ程度であるわけではありません。

マリーゴールドの花は大きく分けて、大輪のアフリカン種と、小さな花のフレンチ種に分けることができます。

そのうち、マリーゴールドがコンパニオンプランツである所以の独特な臭いはアフリカン種にあります。そのため、センチュウを防いでくれる効果はアフリカン種にあり、フレンチ種には、あまりその効果が望めません。

ネコブセンチュウを防いでくれるのは、マリーゴールドの根の分泌物にあります。この分泌物にネコブセンチュウの殺菌効果があります。しかしその効果は根が張っている土壌の周りだけなので、ナス科の野菜の株の間にマリーゴールドを植えてあげると理想的です。又、マリーゴールドを植えてその一生が終わり枯れた後の土を利用して、作物を栽培しても効果があります。

マリーゴールドはその他にウリ科やアブラナ科の野菜と一緒に植えてもコンパニオンプラントしての働きを果たしてくれます。家庭菜園で楽しむ野菜、ピーマン、きゅうり、トマトじゃが芋などとも相性がいいのです。

マリーゴールドの葉っぱの香りはコジラミなどの虫除け効果があります。

マリーゴールドは一年草なので、毎年、刈り取って処分します。それを土に混ぜ込むとよい肥料にもなります。

病害虫の防除を目的とするバンカープランツとしてのフレンチマリーゴールドは、ナスの害虫であるミナミキイロアザミウマの天敵であるヒメハナメムシを呼び寄せます。そのことが、ナスに施す農薬を減らすことにつながります

また、マリーゴールドには受粉を助けてくれるハチやアブを集める力もあります。スイカやきゅうりなど実をつけるのに受粉が欠かせない植物にとってこれらの虫はとても大切です。

 

マリーゴールドのコンパニオンプランツとしての効果は化学的にはまだそれほど解明されていません。しかし、相性の良い野菜の近くに植えるだけで少しでも病気対策、雑草対策、土壌改善になるとしたらトライしてみる価値があるはずです。マリーゴールドで無農薬、有機肥料が目指せるわけですから魅力的です。

マリーゴールドのコンパニオンプランツとしての効果はさかんに生育している時に特に活発になるとされています。相性の良い野菜の傍らに、なるべくマリーゴールドを絶やさないように植え続けるといいかもしれません。切り戻しや間引きで出た葉っぱを地面に挿すと簡単に根がついて、マリーゴールドを簡単に増やすこともできます。

マリーゴールドの間引き、切り戻しなどで出た葉っぱを畑に放置して、その後、相性の良い野菜を栽培してもいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする