マリーゴールドの育て方|マリーゴールドの種まき時期や発芽日数

マリーゴールドの種は、花の終わった花がらから採取できます。しかし自家製で得られた種は品質が一定ではなく次の年、種まきしても前年と同じ花が咲くとは限りません

市販されている種の袋には種類と花の色、形など、カラ―で詳しく紹介されています。そしてマリーゴールドの種は1袋200~300円で安く、街のホームセンターやお花屋さん、インターネットでも簡単に手に入れることができます。最近は100円均一でマリーゴールドの種が販売されていることもあります。

 マリーゴールドとは,特徴,開花時期

最初はこんな安い種から栽培してみて、だんだん慣れてきたら、花の種類が本当にたくさんあるので、珍しい品種や大きな花に挑戦してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

マリーゴールドの種まきの時期

マリーゴールドの種まきは3~5月にかけて行います。発芽に必要な温度は、15~20℃なので、桜が咲く時期に種まきを行います

暖かい地方では、梅雨の時期に種まきをして、夏に苗が育ち秋に花を咲かすことも可能です。しかしその場合、気温が15~20℃の発芽適温より高いので、立ち枯れ病にかかったり、きれいな花がつかない可能性もあります。

そこで、種まきはもう少し早い春まきの3~5月の方がおススメですが、一年中、マリーゴールドの花を楽しみたい場合には梅雨時期にも種まきをしてみましょう

6月下旬に遅まきすれば9月中旬から霜が降りるくらいまで花を見ることができます。しかし梅雨時期で種が強い雨に打たれて流されてしまうこともあるので注意しましょう。

種まきは晴天の日の午前中が適しています。

 

マリーゴールドの種まき方法

 

マリーゴールドの種は花が咲き終わった花の中にできた種を拾って使用するか、ホームセンターなどで市販されているものを蒔きます。

マリーゴールド,種まき,時期,発芽日数,温度

咲き終わった花は数週間すると茶色になります。花を切り取り、よく乾燥したら花がらから種を取り出します。

枯れた花から採取した種は通気のよい紙袋などに入れて、春にまくまで涼しい日陰に保管します。

種は1センチほどの長さで比較的大きいので見失うこともありません。

種をまく土は、市販の種まき用の土を購入すると間違いがなく手軽です。用土を手作りする場合は赤玉土6、ピートモス4の割合で作ります。腐葉土を少し混ぜても、1~2週間休ませて使ってもいいでしょう。

まず、種を一晩水につけて、たっぷり水を含ませます。

土もよく湿らせて、箱や鉢などに5センチほど間隔をおいて筋まきかばらまきにします。または3センチ角のプラグトレーに1個ずつまきます。

種が余ったら、時期をずらして、後日まいても順繰り、長く花を楽しめます。残った種は冷蔵庫で保管すれば、その次の年にまくこともできます。

種をまいたら5ミリほど土をかけます。

日陰の涼しい所に置きます。

発芽するまでは土が乾燥しないように気をつけます。この時、じょうろで水やりするより、スプレーや噴霧器の方が土の吸水がうまくいき、種が水圧で飛ばされたり、動いたりすることもなく安全です。

発芽直後の小さい苗は病気や害虫にとても弱いものです。清潔で通気性、保水性、排水性に特に注意を払いましょう。そのため、ピート板やジフィー製品を上手く利用することもおススメです。

発芽したら、日当たりと風通しのよい所で管理します。発芽しても種の殻が葉っぱについたままであることがありますが、無理に取り除こうとすると芽を傷めてしまうのでそのままそっとしておきます。

発芽したら化成肥料を与えます。しかし、窒素が多すぎたり、多湿な場合は葉っぱや茎が伸び過ぎて、花が少なくなってしまうので、肥料のあげすぎに注意しましょう

芽が出てきたら、土が乾いたタイミングで水をやります。本葉が数枚出てきたら、庭やプランターなどに最終的な場所に植え替える時期です。

マリーゴールドの発芽日数と温度条件など

 

マリーゴールドの発芽温度は、15℃から25℃位と考えましょう。市販の種を購入した場合は、袋に表示してある発芽温度を目安にします。

 

マリーゴールドの発芽日数は、温度20~25度では5~6日です。

マリーゴールド,種まき,時期,発芽日数,温度

温度がもう少し低い15~20℃では発芽日数が1週間ほどです。

温度が上記以下の場合はビニールハウスに入れたり、室内の暖かい場所に置くなど保温してあげましょう。

発芽日数も短いので、種まき後、いつ発芽するかと心配になることもありません。すなわち忘れたころに芽が出てくるということはない植物です。

さらに、種も大きく、発芽率も他の植物に比べて高いので育てやすい草花です。

また、マリーゴールドは寒さには弱く、気温も最低15℃以上は必要ですが、20~25度位の環境を室内やビニールハウスなどで作ってあげれば冬場にもマリーゴールドを楽しむことが可能です。

基本的にマリーゴールドは一年草で、栽培において種まきや苗植えの時期や温度が重要ですが、ミントマリーゴールド、レモンマリーゴールドは多年草で、寒さにも比較的強いので冬越しすることもできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする