みかんの栄養と効果効能|みかんで美肌に?風邪予防効果は?

「空気が乾燥しているせいか、最近ニキビや吹き出物などの肌トラブルが増えた気がする」

「気温の変化について行けず、風邪をひきそう」

など、冬が近付くと増える健康や美容に関するお悩み。

実は、日本ではこうした寒さの厳しくなる冬の時期には「みかん」を日常生活の至るところで活用することで、ニキビなどの肌トラブルやインフルエンザや風邪予防などを行ってきました。

みかんとは、ミカン科ミカン属に分類される常緑低木ならびにその果実のことであり、現在みかんの種類は地球上におよそ900種以上存在すると言われています。

日本で「みかん」というと、一般的には温州みかんのことを指す言葉として用いられていますが、海外では温州みかんと同じミカン属に分類されるグレープフルーツやオレンジなどを表す際に「みかん」という言葉が使用されることもあるそうです。

みかん,栄養,効果,効能,肌,ニキビ,糖質,風邪予防

さて、日本の冬に欠かせない温州みかんですが、なぜ日本人は古くからみかんを冬に食べる習慣があるのでしょうか。

それは、温州みかんに含まれる栄養と得られる効果や効能に秘密があります。

スポンサーリンク

温州みかんに含まれる栄養素

温州みかんに含まれる代表的な栄養素といえば、ビタミンCではないでしょうか。

温州みかんには100gあたりおよそ33mgのビタミンCが含まれており、可食部75gの中玉(Mサイズ)みかんを1日3個ほど摂取することで1日に必要なビタミンC摂取量をクリアすることが可能となっています。

また、温州みかんにはビタミンCの他にも、

・葉酸

・β-カロテン

・クエン酸

・カリウム

・ヘスペリジン

・シネフィリン

・β-クリプトキサンチン

・ペクチン

などの栄養も豊富に含まれており、栄養のある食事が摂りにくくなる冬の時期には欠かせない果物と言えるでしょう。

温州みかんの気になる効果や効能

温州みかんには、インフルエンザや風邪の原因となるウイルスや細菌類に対する抵抗力を高めてくれるビタミンCが豊富に含まれています。

しかし、ビタミンCは大気汚染、紫外線、喫煙、飲酒、ストレス、乱れた食生活、不摂生な生活習慣などによって失われやすく、さらに野菜や果物の栽培・保存方法、季節外れ、輸送などの流通過程などによっても失われてしまうため、野菜や果物を積極的に摂取している方でもビタミンC不足に陥っている可能性があります。

さらに、ビタミンCは水に溶けやすい性質を持っていますので、洗ったり調理する際に大半のビタミンCが失われてしまいます。

ですが、温州みかんは食べる前に洗ったりすることも無く、ビタミンCの他にビタミンAの前駆体であるβ-カロテンやポリフェノールの1種であるヘスペリジン、温州みかん特有の成分であるシネフィリンなど風邪予防に効果的な栄養成分がたっぷりと含まれていますので、インフルエンザや風邪予防に最適です。

また、ビタミンCには免疫力を高めてくれる効果の他にも、

・生活習慣病や老化予防に効果が期待されている強い抗酸化作用

・たんぱく質からコラーゲンを合成する働き

・シミの原因となるメラニン色素の合成を抑制させる

・コレステロール値を降下させる作用

・抗ストレスホルモンの合成

など、様々な効果や効能を期待することができるため、健康や美容管理が難しくなる冬の時期にオススメの果物と言えます。

温州みかんの糖質について

温州みかんには、

・血流改善

・インフルエンザや風邪などの感染症予防

・むくみの予防と解消

・便秘改善

・高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防

・美白、美肌効果

・ストレス緩和

・疲労回復作用

など、様々な健康や美容に関する効果や効能が期待できる冬の果物です。

しかし、温州みかんなどの果物には「果糖」と呼ばれる糖質が100gあたりおよそ11.2g含まれています。

糖質は「炭水化物-食物繊維」で算出されるため、温州みかん100gあたりの炭水化物量が11.9g、食物繊維が0.7gのため、糖質の含有量は11.2gとなります。

全果物100gあたりの平均糖質含有量が13.5gですので、温州みかんの糖質は平均よりも低いと言えますが、品種や種類、加工状態などによって糖質含有量は増減しますので、必ずしも温州みかんの糖質量が平均数値よりも低いとは言えません。

そのため、糖質の摂取量に制限のある方は信頼できるかかりつけの医師と相談してから温州みかんを食べるようにしましょう

まとめ

温州みかんの栄養と効果、効能についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

みかん,栄養,効果,効能,肌,ニキビ,糖質,風邪予防

これまで「温州みかん=ビタミンCが豊富」と思っていた方もたくさんいたと思いますが、ビタミンCの他にも葉酸やβ‐カロテンなどのビタミン類、カリウムなどのミネラル類、ポリフェノールの1種であるヘスペリジン、温州みかんのオレンジ色の色素を作り出しているβ‐クリプトキサンチン、温州みかん特有の成分として知られるシネフィリンなど、健康や美容に優れた効果や効能を期待することができる栄養素がたっぷり含まれています。

是非、今年の冬は温州みかんを食べて健やかな生活を送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする