ポインセチアとは|ポインセチアの概要と分類    

ポインセチアは、ちょうどクリスマスの頃にたくさん出回るので、別名クリスマスフラワーと呼ばれています。

ポインセチアのあたかも花のように見える葉っぱは、日本の誇れる秋の風景のカエデやイチョウの美しさとはまた一味違う鮮やかさです。

その姿はきれいに飾ったクリスマスツリーにも負けない華やかさがあります。

ポインセチア,分類

しかし、クリスマスが終わり、少し萎れたポインセチアが、お正月の準備の中に取り残されてしまうとちょっと虚しい気がします。なんとなくその鮮やかさも色あせて見えてしまいます。

茎の根元に近い部分の葉っぱもちらちら落ちたりして、部屋の隅っこの方に押しやられてしまうと、そんなポインセチアはかわいそうな気もします。期間限定で楽しめる植物です。

きれいな葉っぱが育ち、お花屋さんに並ぶ時期も12月中旬と明確に決まっているので、時候の挨拶や日本の伝統である俳句でも仲冬の候(暦の大雪から小寒の前日)の季語となっていて、しばしば俳句が詠まれています。ポインセチアという名前とその姿に外国っぽさだけで、日本的な風情はないのに不思議な気がします。

和名は猩々木といいます。

猩猩(オランウータン?)は中国の伝説上の怪獣で猿のように赤い顔で、毛も紅色。ポインセチアの赤い色の葉っぱが猩猩に例えられたという説があります

あたかも西洋らしい植物ですが、日本人の生活にもしっかり根付いています。

スポンサーリンク

ポインセチアとは~

 

ポインセチアと言えば、元祖クリスマスカラーですね。鮮やかな赤と緑、中央に黄色?(クリスマスカラーと言えば、赤、緑、白ですが)です。

ポインセチア,分類

最近はいろいろの品種のポインセチアが店頭に並んで色、形だけではなく、大きさまで本当にさまざまです。

赤や、ピンク、クリーム色と鮮やかな花びらに見える部分は葉っぱ(苞葉)です。苞葉とは、花芽を包む葉っぱのことで、葉が変態した変態葉の一種です。

その仲間はあたかも花のように葉っぱが色鮮やかで発達した植物も多く、ポインセチアの他にはブーゲンビリアやヘリコ二ア等があります。

ポインセチアの花は茎の先頭についたブツブツのような部分で花弁はありません。ポインセチアがこのブツブツの花がつくと葉っぱ(苞葉)が色づきます。

ポインセチアは植物全体に毒性があるといわれています。茎を折ると白い液体が出ます。この液体に毒性があり、液体がついた手で目を触ったり口に入れると大変危険です。

またポインセチアの葉っぱにも毒性があるので、栽培してお手入れする時にも注意が必要です。ペットも葉っぱや茎に触れないよう気をつけましょう。

ポインセチアの全体にある有毒成分はホルボールエステルで皮膚炎や水泡の原因となります。

またポインセチアを切り花にする場合、茎を切って白い液体がでてきたら、手で触らないように注意しながら、濡れた布やウエットテッシュ出で拭き取り、固まらないようにします。

白い液体が切り口で固まってしまうと水上げしなくなり、萎れてしまうからです。

ポインセチアの分類

 

ポインセチアは通名で、植物学的分類は、トウダイグサ科ユーホルビア属の常緑広葉低木です。また和名は、ショウジョウボクです。

ポインセチア,分類

トウダイグサ自体、余り知られていない植物ですが、本州から九州に分布し、世界的に北半球に生育しています。

日当たりの良い道端などに見られる越年草です。茎や葉を傷つけた時に出る白い液は有毒です。日本でトウダイグサといわれるのは草の姿を昔の灯明台に例えたからだそうです。

トウダイグサ科に分類される植物は、ポインセチアの他、ハツユキソウ、タピオカ、キャットテールなどがあります。

属名ユーホルビアはこれらの植物の樹液を初めて薬にしたことで、ローマ時代のお医者さんエウフォルブスの名前にちなんでつけられました。

ユーホルビア属に分類される植物には、九頭竜や白雪姫、ショウジョウソウ、鉄鋼丸、ハナキリンなどがあります。

ポインセチアの原産

 

ポインセチアは、メキシコと中央アメリカが原産の熱帯性の低木です。クリスマスの寒い時期に出回る花ですが、実は原産地は暑い地域です。

ポインセチア,分類

メキシコの山地原産のユーフォルビア・プルケリマが改良されて、今、流通しているような園芸品種ができました。

原生種は少しの霜ぐらいでも耐えられるほどの耐寒性がありますが、日本の店頭に並ぶ種類は寒さに弱いものがほとんどです。

また原産地は乾燥地帯であることから、ポインセチアの水の与え過ぎは枯れる原因となります。

私たちがよく店頭で目にするポインセチアの鉢植えはそれほど大きいものはありませんが、この地域に自生しているポインセチアは3~5メートルの大きさです。

日本に渡ってきたのは明治時代になってからのことです。

アメリカでも20世紀前半に入ると改良が盛んになり、ノルウェー、ドイツでもいろいろな種類が栽培されるようになり、色、形、大きさも多種多様です。

本来のポインセチアの欠点である茎の折れやすさ、短期間で落葉することなどの欠点が見直され、原種より進歩した品種が次々作られています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする