いちごの保存方法|いちごの保存は冷凍?常温?

いちごを育てている方にとって、花の開花時期と果実の収穫シーズンは楽しみのひとつとなっていますが、いちごはラズベリーやブラックベリー同様、非常に傷みやすい果実ですので、いつも収穫後にどうしたらフレッシュないちごを長期間保存できるのかと困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

いちごは品種ごとに日持ちの良さが変わるため、いちご農家さんたちは育てやすい品種ではなく、発色の良い甘くて傷みにくい品種のいちごをハウスや温室で栽培しています。

しかし、いくら傷みにくい品種のいちごといえども、温度の高い環境ではすぐに傷んでしまうため、農家さんたちはいちごを収穫したらすぐに冷蔵庫に入れるなどして収穫後の温度管理や果実の扱いには細心の注意を払っています。

ですが、一般家庭の場合、育てやすい品種のいちごを露地栽培で育てるのが一般的となっているため、果実が柔らかくて傷みやすく、さらに収穫後の果実に付着した泥や砂を洗い落としてから保存してしまうとより傷みを早めてしまう原因となります。

いちご,保存方法,常温,冷凍

そこで、今回は収穫直後のいちごを日持ちさせるための保存方法についてご説明します。

スポンサーリンク

収穫直後のいちごの傷みを遅らせる方法

収穫直後のフレッシュないちごの傷みを遅らせるためには、

  1. 収穫する時間帯を気温の低い早朝に行う
  2. 収穫後は洗わずにすぐ冷蔵庫などに入れて保存する
  3. 果実に泥や砂が付着しないようにマルチを使用して栽培する

この3つがポイントとなります。

いちごは表皮が非常に薄いうえに果実がとても柔らかいので、保存する前に洗ってしまったり、保存時に果実を重ねてしまうと、カビの発生や傷みを早める原因となります。

いちごを日持ちさせるための保存方法

収穫したばかりのフレッシュないちごを新鮮な状態を保ちながら長期間保存するためには、冷凍保存がオススメです。

いちご,保存方法,常温,冷凍

いちごの冷凍保存方法には製氷皿を使用して保存する方法とカットしてから保存する方法の2つあります。

いちごを製氷皿へ入れて冷凍保存する方法

  1. 消毒を終えた製氷皿を用意します。
  2. いちごを洗いたくなる気持ちを抑え、ヘタをキレイに取ります。
  3. 製氷皿にいちごを1粒ずつ入れてフタをしてゆきます。
  4. あとは冷凍庫へ入れて保存するだけです。

いちごを1粒1粒小分けにして冷凍保存することで、いちご同士がくっついてしまうのを防ぎ、使用する際に使いやすくなります。

いちごをカットしてから冷凍保存する方法

  1. ヘタを取る前にいちごを洗います。
  2. キッチンペーパーでいちごの表面に付着した水分をしっかり拭き取ります。
  3. 煮沸消毒を行ったまな板と包丁を使っていちごをスライスしてゆきます。
  4. バットにクッキングシートを敷き、スライスしたいちごが重ならないように並べてゆきます。
  5. スライスしたいちごに砂糖をまぶし、密閉袋にまぶした砂糖と共に入れてゆきます。
  6. 密閉袋内の空気をしっかり抜き取り、保存開始日をマジックで書いたら冷凍保存します。

いちごに砂糖をかけることで冷凍した際に起こるいちごの劣化を防ぐことができます

まぶす砂糖の分量はいちごに対して5%から10%が理想です。

砂糖をまぶしてからの保存となりますので、カロリーが高くなったり、用途が限られるなどのデメリットはありますが、いちご本来の味わいを保ったまま冷凍保存できるのは魅力的と言えるでしょう。

なかには収穫したいちごを常温で保存したい方も大勢いると思いますが、いちごはラズベリーやブラックベリーと同じく、非常に傷みやすい果実ですので、常温で保存できる期間は1日程度です

どうしても常温で保存しなければならない場合、煮沸消毒を行った密閉容器にヘタを下にした状態でいちごを入れて保存しましょう。このときいちご同士が重なってしまうと傷みを早める原因となりますので注意してください。

まとめ

いちごの保存方法についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

いちご,保存方法,常温,冷凍

スーパーやデパートで買ったいちごは日持ちするのに、なぜ自分で育てたいちごは日持ちしないのかと不思議に思っていた方も多いのではないでしょうか。

いちごの傷み具合は、品種や栽培方法、収穫後の対応によって大きく変わってきます。

少しでもお家で育てたいちごを長く日持ちさせたい方は、いちごの品種や栽培方法、収穫後の対応などについて、しっかりと学んでおくとフレッシュないちごを長期間味わえるようになります。

是非、これからいちごを育てる方は事前に知識や技術を身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする