関東で楽しめるいちご狩り|食べ放題のいちご狩り紹介

12月から翌5月にかけて旬を迎えるいちごは、子どもから大人まで幅広い世代の方々から愛されている果実ですが、みかんやリンゴなどの果物とは違い、旬を迎えても値段が大幅に下がることが無く、自宅で育てようにも栽培方法や育て方が分からないため、いちごが食べたくても我慢している方もたくさんいます。

そんなあなたにオススメなのが、甘くて美味しいいちごをお腹いっぱい食べることができるいちご狩りです。

一昔前まではラズベリーやブルーベリーなどの果実と同じく、摘み取りのいちご狩りが一般的でしたが、現在では食べ放題のいちご狩り農園も増えており、春休みやゴールデンウィークになると、大勢の観光客たちがフレッシュないちごを求めて全国各地からいちごの産地に向かって移動するため、毎年日本三大いちごの産地である栃木県、福岡県、静岡県では連日多くの観光客で賑わっています。

しかし、東京都内にお住いの方で春休みやゴールデンウィークに休みが取れず、遠方まで足を運ぶことができない方もたくさんいるのではないでしょうか。

いちご狩り,食べ放題,関東,オススメ

そこで、今回は関東で食べ放題のいちご狩りができるスポットを5つご紹介します。

スポンサーリンク

【千葉県】エーアト・ベーレ

日本で初めて夜のいちご狩りを始めた千葉県千葉市にある観光いちご園「エーアト・ベーレ」は、千葉県最大級の高設いちご栽培農園です。

エーアト・ベーレが夜のいちご狩りを始めた理由は、いちごの甘みを増すために気温の下がる夜を利用するためであり、今では非常に珍しい夜のいちご狩りが楽しめるとカップルやご年配のご夫婦のあいだで人気を集めています

ただし、ナイター営業は毎月第4土曜日のみとなっていますので、お間違えの無いようご注意ください。

エーアト・ベーレでは、いちご狩りの他にも自慢のいちごやミニトマトをたっぷり使ったアイスクリームやいちご味のお菓子、いちごグッズの販売も行っており、さらにいちごだけではなく、愛情をたっぷり注いで育った自家製の野菜も直売所にて販売していますので、1日中楽しめる観光農園として地元でもたいへん有名です。

エーアト・ベーレの詳細

・住所:千葉県千葉市緑区大高町26-34

・電話番号:0432-94-0757

・営業時間:9時~ ※当日分が無くなり次第終了

・定休日:味覚狩り期間中は不定期

・予約有無:予約不要 ※20名以上の団体、ナイター参加の場合は要予約

・体験時間:30分食べ放題

・料金:お問い合わせください

・栽培品種:紅ほっぺ、やよいひめ、かおり野、おいCべりー、かなみひめ、チーバベリー、よつぼし

【東京都】新倉農園

東京都内でいちご狩りが楽しめると話題の「新倉農園」は、食べ放題ではございませんが、鮮度抜群の完熟いちごを堪能できると幅広い世代の方々から親しまれています。

新倉農園では、天然水とミツバチによる交配、高設溶液栽培を用いていちごの栽培を行っているため、どうしても収穫量に限界があります。

そのため、食べ放題ではなく量り売りのシステムを採用し、1粒1粒愛情を込めていちごを育てています。

農園の方々の愛情をたっぷり浴びて育ったいちごたちは、練乳不要の完熟いちごに生長しており、とっても甘くて美味しいです

東京都多摩丘陵地帯のゆったりとした自然環境のなかで農薬を使用せずに育てられた東京育ちの完熟いちごをまだ1度も食べたことの無い方はこの機会に是非食べてみてはいかがでしょうか。

新倉農園の詳細

・住所:東京都多摩市落川1179

・電話番号:080-1173-1346

・営業時間: 13:30~16:00 ※土日は10:00~

・定休日:火曜日と金曜日

・予約有無: 要予約

・体験時間: 時間制限なし

・料金: 摘み取ったいちご100gあたり324円 ※詳しくはお問い合わせください。

・栽培品種:紅ほっぺ、章姫

・URL:http://www.niikuranoen.com

【千葉県】安田いちご園

南房総の玄関口である千葉県君津市でいちごの栽培を50年近く続けている「安田いちご園」では、ほのぼのとしたアットホームないちご農園として、地元の方々から長年愛されています。

いちご狩り,食べ放題,関東,オススメ

「安心」「安全」「癒し」をモットーに、いちごの栽培を行っている安田いちご園では、甘くて美味しいいちごを育てるために土づくりからこだわっており、有機微生物による発酵肥料、有機アミノ酸、総合ミネラルなどを使い、農薬の代わりに漢方発酵エキス、炭酸ガス、ハーブエキス、IPM防除などを採用した愛華農法でいちごを育てています。

また、およそ700坪あるハウス内で栽培されているいちごは、全てジャット式高設栽培を取り入れており、腰をかがめなくても完熟いちごを摘み取って食べることができます。

さらに、嬉しいことに地面がしっかりとしているため、通常は禁止されているハイヒールでの参加も可能となっておりますので、服装がNGで参加することができなかったということはありません。

ただし、安田いちご園は予約無しの先着順でのいちご狩りとなりますので、人と環境に優しい完熟いちごを食べ放題したい方は早起きして農園へ向かいましょう

安田いちご園の詳細

・住所:千葉県君津市大井500

・電話番号:0439-32-2131

・営業時間: 10:00~15:00

・定休日:不定休

・予約有無: 予約無しの先着順 ※ただし20名以上の団体の場合は要予約

・体験時間: 食べ放題30分

・料金: お問い合わせください

・栽培品種:章姫、紅ほっぺ、あすかルビー、おいCベリー、越後姫、かおりの、淡雪、あまおとめ、チーバベリー

・URL: http://www.yasuda15.com/

【埼玉県】富田農園

関東地方で人気No.1を誇る食べ放題可能な「富田農園」は、1棟のハウス内で様々な品種のいちごが食べ比べできると評判の家族連れから人気の高いいちご農園です。

なぜ、富田農園が関東地方人気NO.1の食べ放題いちご狩り農園なのかと気になっている方も多いのではないでしょうか。

その理由は、1棟のハウス内で様々な品種のいちごが食べ比べできることです。

いちごはそれぞれの品種や土地に合った栽培をしなければ育つことができないため、通常は品種ごとにハウスを分けて育てるのが一般的となっているのですが、富田農園では複数の品種のいちごを1棟のハウス内で栽培しているため、他の品種のいちごを食べるためにハウス内を出たり入ったりする必要が無いのです。

また、富田農園では、埼玉県秩父市出身の落語家 林家たい平さんが名付け親となった「あまりん」「かおりん」、三重県、千葉県、香川県、九州沖縄農業研究センターが共同で開発した「よつぼし」などの新品種の栽培が行われており、いちご通たちのあいだでは注目が集まっています。

いちごの有名な産地といえば、栃木県、福岡県、静岡県が挙げられますが、埼玉県秩父市にも半世紀かけて秩父いちごの魅力を発信している老舗いちご農園がありますので、是非この機会に甘くて美味しい秩父いちごを食べに富田農園を訪れてはいかがでしょうか。

富田農園の詳細

・住所:埼玉県秩父市蒔田1666

・電話番号:090-8016-7430 / 0494-23-9210

・営業時間: お問い合わせください

・定休日:開園中は不定期 ※生育状況によっては休園する可能性あり

・予約有無: 予約無しの先着順

・体験時間: 30分食べ放題

・料金: お問い合わせください

・栽培品種:章姫、とちおとめ、紅ほっぺ、やよいひめ、かおりの、もういっこ、さがほのか、あまりん、かおりん、よつぼしなど

・URL:http://tomitanouen.web.fc2.com/

【栃木県】福田いちご園

日本一のいちご生産量を誇る栃木県にある「福田いちご園」では、3700mのビニールハウスにて空中高設栽培を用いて大切に育ててきた甘くて美味しい大粒のとちおとめを30分間お腹がいっぱいになるまで食べ放題することができます

甘さと酸味のバランスが良く、濃厚な味わいが楽しめるとちおとめは、国内におけるいちご品種取扱いシェアNo.1を誇り、日本で最もポピュラーないちご品種となっています。

緻密でジューシーな果肉と清々しいいちごの香りが現代日本人の味覚と絶妙にマッチしており、1度食べたら病み付きになってしまいます。

福田いちご園では、とちおとめの他に栃木県が誇る高級いちご品種「スカイベリー」も30分間たっぷりと食べ放題を楽しむことができ、さらにお土産として朝摘みの新鮮ないちごを直売所にて購入することができますので、いちご狩りから帰宅後もしばらくのあいだは栃木県の甘くて美味しい大粒のいちごをお家でも味わうことができます。

また、福田いちご園では甘くてジューシーなとちおとめやスカイベリーを公式ホームページからお取り寄せ通販することができますので、贈答用に大粒で美味しいいちごを用意したい方にもオススメです。

福田いちご園の詳細

・住所:栃木県宇都宮市石那田町876-8

・電話番号:0286-69-2340

・営業時間: 10:00~16:00 ※最終受付入園15:30

・定休日: 不定休

・予約有無: 必須 ※電話のみ受け付けています

・体験時間: 30分食べ放題

・料金: お問い合わせください

・栽培品種:とちおとめ、スカイベリー

・URL: http://www5f.biglobe.ne.jp/~fukuda-ichigoen/

まとめ

いかがでしたか。

いちご狩り,食べ放題,関東,オススメ

今回ご紹介させて頂いた農園の他にも関東地方には食べ放題可能ないちご狩り農園がたくさんあります。

春休みやゴールデンウィーク期間中もお仕事でなかなか家族と過ごす時間の無いお父さんやお母さんも多いと思いますが、たまには近くのいちご農園へと足を運んで、甘くて美味しいいちごをお腹いっぱいまで食べて、子どもたちとコミュニケーションを取りながら、いちごに含まれるビタミンやミネラルで日頃の疲れを癒してみませんか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする